水道直結型ウォーターサーバーのデメリット

水道直結型ウォーターサーバーのデメリット

当サイトではさかなクンのウォーターサーバー「ウォータースタンド」を紹介していますが、一般的なボトル型ウォーターサーバーにはないメリットがあります。
しかし、他方デメリットも一定数存在しています。
メリット・デメリットを理解して、どのようなウォーターサーバーがあなた自身に合うのかを検討して、お申込みをするのが良いと思います。
このページでは水道直結型ウォーターサーバーのデメリットを書いていきたいと思います。

ウォーターサーバーでの水の備蓄は不向きというデメリット

水道直結型ウォーターサーバーでは、ボトル型のウォーターサーバーのようにお水のボトルを保存する必要がありません。
お水の置き場所などの場所を取らない、宅配便やウォーターサーバーの会社のお水の配送などの対応が全く必要がないメリットもありますが、デメリットもあります。
それは、地震や台風などの災害のときにお水を備蓄しておきたいというご家庭には不向きということです。
というのは、水道直結型ウォーターサーバーの場合は少量はタンクにお水が溜まっている状態ですが、備蓄という量は保存しません。
大袈裟に言うと水道が出ているときはどんどんお水を利用することが出来ますが、災害などで水道がストップしてしまうとウォーターサーバー自体のお水を使うことが出来ません。
当然といえば当然なのですが^^;
そのために地震や台風などの災害時のための備蓄水を考えている方は、水道直結ウォーターサーバーとペットボトルのお水などを別に購入する必要があることです。
さかなクンのウォーターサーバー「ウォータースタンド」では備蓄タイプというものもありますが、基本的に水道水であるために長期保存は向いておりません。
基本的に備蓄水は自前で考える方にはデメリットにはなりませんが、生活のための飲料水と備蓄水を一緒に考えている方にはデメリットとなります。

水道直結ウォーターサーバーは好みのお水を選べないというデメリット

当然といえば当然なのですが、水道直結型ウォーターサーバーは水道水を浄水して、飲料水となります。
そのために他社のウォーターサーバーの様に富士山の天然水やアルプスの天然水といったブランド的な天然水などは使うことが出来ません。
こんなお水が飲みたい!と考えてウォーターサーバーを契約する方も多いと思います。
こだわりを持ってお水選びをしたいという方には水道直結型ウォーターサーバーは向いていいないと思われます。
ただ、はっきりといってしまえば、ほとんどの方は水道直結型ウォーターサーバーと天然水のお水の違いはわからないかと思います。
違いがわかったり、硬水のお水のウォーターサーバーを希望する方には水道直結型ウォーターサーバーはデメリットでしかないと言えるかもしれません。

水道直結型ウォーターサーバーは全く使わなくても定額料金となってしまうデメリット

従来の課金型(ボトルの量でのお支払い)のウォーターサーバーの場合は、レンタル料金プラス使ったお水の料金という料金体系です。
当たり前ですが、使えば使うほど料金は上がってきます。
しかしながら、逆に言うと全く使わない月があるとすれば料金は機器のレンタル料金のみとなります。
法人契約などで会社が年末年始やお盆などで長期休暇の場合は使うお水の量が減るのでそれだけで経費削減にはなりますよね。
水道直結型ウォーターサーバーは料金の上げ下げがない分だけメリットと感じる方も多いのですが、海外旅行などで自宅にいない(お水を使っていない)場合でも月の定額料金がかかってしまうというデメリットもあります。
自宅でどれぐらいお水の量を使うか、今まで従来のボトル型のウォーターサーバーを使っていてどれぐらいの料金になっていたかを考えて、水道直結型ウォーターサーバーを契約するのが良いと思います。
なんといっても、水道直結型ウォーターサーバーは使い放題というメリットのほうが大きいはずですからね^^
ウォーターサーバーの設置場所がある程度限定されてしまうデメリット
ボトル型のウォーターサーバーは機器に支障がない場所には基本的にどこにでも設置できます。
しかし、ウォータースタンドなどの水道直結型ウォーターサーバーの場合は水道からお水を引きます。
そのために水道から近いところ、という条件が付いてきます。
ウォータースタンドの一部の機種では30メーター以内であれば大丈夫という機種もありますが、水圧の関係もありなるべく近いほうが良いとされています。
大きなお部屋のこの部分に置きたい!そんな方は水道直結型ウォーターサーバーを設置する場所はある程度決まっているというデメリットも考慮して、契約を検討してください。
寝室にもう一つ置きたいなどという場合はボトル型のウォーターサーバーのほうが良い場合があります。
逆に言えば水道のあるキッチンやダイニングなどであれば、問題はないとは思いますが^^

設置(契約)できる地域が限られているデメリット

水道直結型ウォーターサーバーの場合は基本的に工事業者さんが取り付けをしてくれるという前提でレンタル契約をします。
器用な人でしたらご自身でできるという方もいらっしゃるかもしれませんが、その後の浄水器のメンテナンスなどの事も考えて契約できない地域も少なからずあります。
ただ、ウォータースタンドの場合は代理店などの会社もありますので、申込可能地域が多くありますので、お申込み時に可能かどうかわかりますので、公式サイトよりお尋ねしてみてください。

水道直結型ウォーターサーバーは工事費が発生する可能性があるデメリット

水道直結型ウォーターサーバーは必ず工事が必要になります。
そのために会社によっては、工事費用が発生する場合もあります。
ただ、当サイトで紹介中のウォータースタンドは新規契約等の場合は工事費は無料となっていますし、一年以上の契約をすぎれば解約のときの工事費の負担もありません。
また、一年以内の引っ越しなどで継続利用の場合の移転の工事も無料となっているので、さかなクンのウォーターサーバーの場合はデメリットといえないかもしれません。
ボトル型のウォーターサーバーの場合でも最低の契約期間が過ぎないと違約金が発生することもありますし^^;
しかし、ウォータースタンド以外の水道直結型ウォーターサーバーの会社の場合は設置費用は別ということもありますので、必ず契約事項をご覧になってくださいね。
月々のお支払いが安くても、設置費用が1万円以上かかる場合もありますので、その点はデメリットになってしまいますので、注意してください。

ウォーターサーバーの契約はメリット・デメリットのバランスが重要

どんな商品でもそうなのですが、メリットとデメリットの比較は重要ですよね。
水道直結型ウォーターサーバーにもメリットが有り、デメリットも少なからずあります。
ボトル型のウォーターサーバーの場合は、寝室でも工場内でもおけるというメリットがありますが、使ったお水の料金がかさんでいきます。
そのバランスを考えてウォーターサーバーを検討してみてくださいね。

page top