スリキン、公孫康絶好調(戦力ゲージの仕組み) - 赤月あかり(sharp78)ウェブサイト



スリキン、公孫康絶好調(戦力ゲージの仕組み)

1000pt以上が3勢力も

 諸葛亮シナリオの覇者貢献レースが結構面白いことになっています。勢力1000pt以上がなんと3勢力、それもトップは劉備・曹操を抑えて公孫康という大混戦状態です。このまま公孫康が逃げ切ったら(通常シナリオでは多分初)の三国以外の覇者になるとか。

 お世辞にも戦力は弱い公孫康、ほとんどCランクばっかりで、Aランクは昨日見た時は姜維がいたぐらい。対曹操で0.7倍差、対孫権で0.4倍差ぐらい勝利褒賞倍率の差をつけられるぐらいの戦力差なんですが……、普通に戦力ゲージで押し切るぐらい強いです。フィオナさんも驚きの4分の3残し圧勝とかざら。勝利褒賞倍率が高いので軍資金美味しすぎます。

 もともと戦力ゲージの長さ(減り具合)はかなり曖昧な物で、明らかに見えない力が働いたりする時もあります。ただ一定の法則はありましたし、戦闘敗北・撤退・捕縛で戦力ゲージが減る時はランクが高いほど多く減る傾向がありました。Sランク武将が豊富な劉備軍とAランクが豊富な曹操軍が対決するとどうしても劉備軍側が戦力ゲージは不利になります。もちろんSランク武将は強いですが、動き方はみんな共通、防衛2部隊いる敵陣に突っ込んで負けるとかで劉備軍側の戦力ゲージが減りやすいです。

 Cランク中心の弱小勢力は戦力ゲージ面では強いでしょうけど、基本的に戦闘で力の差が出るわけで結局は負ける……、それが公孫康の武将たちは戦闘で連戦連勝するから驚きです。ちょっと週末が楽しみ(^-^)。

サイト内検索

プロフィール

akari.jpg

赤月あかり(sharp78)
京都生まれ京都育ち。

 アプリやサイトを作ったり、プロ野球やゲームをしたり。
 キーワードは「ちょっとしたキッカケ」を届けたい!!

カテゴリリスト

プロ野球関連(224)

料理・旅行関連(77)

アニメ・ゲーム関連(20)

麻雀関連(19)

仕事・ブロガー関連(28)

看板条例関連(15)

スリキン関連(161)