沢村賞の選考基準にQS導入とか - 赤月あかり(sharp78)ウェブサイト



沢村賞の選考基準にQS導入とか

先発「完投型」投手の表彰なのに

 2014年の沢村賞は金子千尋が初受賞。去年は24勝したバケモノがいたのでアレですが、今年の受賞には納得です。おめでとうございます。

Eiji_Sawamura.jpg

 そして毎年話題に上がるのが「沢村賞の選考基準」。投手分業制や指名打者のあるなしなどなど、現在のプロ野球投手起用に合わせた選考基準に作り変えようという話は毎年出ますし、選考基準にQSを導入しようという話も出ています。

 (一応説明)QS:クオリティスタート、先発投手の指標の1つ。先発投手が6イニング以上かつ3自責点以内。QS回数や先発数に対する比率(QS率)などが使われる。

 選考基準もそんなにガチガチに適用されている訳ではないので、選考基準で揉めることないとは思うのですが。ただ、先発「完投型」投手(ここ重要)の表彰のに安定感を表すQSを導入する意味があるのか疑問は感じます。4失点・5失点しようが完投勝利できる投手にあげる賞だと思います。

 25先発・15勝・勝率6割という設定も、15勝10負でもオッケー、完投型先発は黒星も背負うものという考えで設定されているもんだと。10完投は確かに今のプロ野球では厳しい数字ですけど、いないわけではないので、賞の趣旨を踏まえた上での設定としては問題ないかと思います。見直すなら21世紀入ってから全員達成している150奪三振ですよ。

 変な主張にはなりますけど、沢村賞は「先発完投美学」の泥臭い賞であって欲しい気持ちがあります。それが今のプロ野球に合っていないから選考基準を見直そうと言うのは賞そのものの意味を変えることになります。

サイト内検索

プロフィール

akari.jpg

赤月あかり(sharp78)
京都生まれ京都育ち。

 アプリやサイトを作ったり、プロ野球観戦やゲーム・麻雀をしたりしています。
 キーワードは「ちょっとしたキッカケ」を届けたい!!

カテゴリリスト

プロ野球関連(243)

料理・旅行関連(84)

アニメ・ゲーム関連(23)

麻雀関連(25)

仕事・ブロガー関連(36)

看板条例関連(15)

スリキン関連(161)