パワプロ2014栄冠ナインのオススメ作戦 - 赤月あかり(sharp78)ウェブサイト



パワプロ2014栄冠ナインのオススメ作戦

とにかく打線

 栄冠ナインで試合に勝てないという方が結構いるみたいで……。2014年スタートでやっていますけど、地方で5年すれば毎年夏の甲子園に出場できるぐらいまでは勝てるようになったので、試合で出す作戦に関して感じたことを少し。

 前提条件ですけど、投手力や機動力は甘え、打って打って打ちまくってコールド勝ちでねじ伏せましょう。チーム方針はもちろん打撃重視、試合前に選ぶ注目選手は当然上位打線か主軸の野手です。8回9回に入ると異常に打たれるので(コナミエフェクトとか懐かしい)、それまでにコールドで決めたい……。

 気になるコールドゲームの規定なんですけど、実際の高校野球通り「5回以降は10点差以上・7回以降は7点差以上・甲子園(全国大会)ではコールド無し」のはず。地方大会の決勝はまだ未確認(規定通りなら無いはず)。

攻撃側:相手の投球コースを見て、流し打ちor引っ張り

 基本は相手の投球コースを1球2球見て、外角が多いなぁと思ったら流し打ち、内角が多いなぁと思ったら引っ張りです。弾道3以上ならもちろん強振指示で一発狙い、広角打法があれば内角外角どっちでもホームランが狙えるのでオススメ。

 走者三塁で無死一死なら犠牲フライ狙いです。犠牲フライを狙わせたらホームランや右中間・左中間破りばっかり。犠牲フライが全然犠牲にならないという……。

 あとは栄冠ナインのお約束ですけど、甲子園の魔物(地方球場の魔物)ですね。お祭り男や黄色い声援も合わせて発動できれば10点差でもひっくり返せます。

守備側:緩急と低めの二強、打たせて取れは打たれてこい

 投手の時の作戦ですが、外角・内角は攻撃側の時の逆な感じです。外せたら抑えますけど当たると高確率で打たれる、ちょっと怖くて使えないです。

 おすすめは緩急と低め、それとクサイところでしょうか。絶対に使っちゃダメなのは「打たせて取れ」、あれは「打たれてこい」と書き換えるべきです。あれで抑えた試しが無い……。

 投手に関しては作戦よりも伝令・継投が重要な気がします。9回大逆転負けも普通に起こるのでこの辺りはもっと上手く使えるようになりたいです。

サイト内検索

プロフィール

akari.jpg

赤月あかり(sharp78)
京都生まれ京都育ち。

 アプリやサイトを作ったり、プロ野球やゲームをしたり。
 キーワードは「ちょっとしたキッカケ」を届けたい!!

カテゴリリスト

プロ野球関連(224)

料理・旅行関連(77)

アニメ・ゲーム関連(20)

麻雀関連(19)

仕事・ブロガー関連(28)

看板条例関連(15)

スリキン関連(161)