プロスピA、アーチスト弾道でホームラン量産 - 赤月あかり(sharp78)ウェブサイト



プロスピA、アーチスト弾道でホームラン量産

気持ち悪いぐらいの高弾道

 プロスピAの弾道設定で一番使いやすいのはパワーヒッターだと思う。あれがどんな球に対しても安定していい角度で飛んでくれる。特に相手の球威が高くても力負けしにくい。安定度が良いというか、無難というか。

 一方でパワーヒッターの上にアーチストがあるけど、これは慣れが必要。下手に使うと打球が全然上がらなかったり上がりすぎたり。でも上手く使えばどんなコースの球でもホームランにできる、球威の低いボール、すなわち「甘い球」に対するホームラン量産具合はパワーヒッター以上なのがアーチストの面白いところ。

pr0482.jpg

 というよりパワーAのアーチストになると、気持ち悪いぐらい打球が上がる。滞空時間の長いホームランは美しいとか言うけど、まだまだその美学が分からないなぁって。

サイト内検索

プロフィール

akari.jpg

赤月あかり(sharp78)
京都生まれ京都育ち。

 アプリやサイトを作ったり、プロ野球観戦やゲーム・麻雀をしたりしています。
 キーワードは「ちょっとしたキッカケ」を届けたい!!

カテゴリリスト

プロ野球関連(243)

料理・旅行関連(84)

アニメ・ゲーム関連(23)

麻雀関連(25)

仕事・ブロガー関連(36)

看板条例関連(15)

スリキン関連(161)