京都仕様デザインの看板の世界にようこそ - 赤月あかり(sharp78)ウェブサイト



京都仕様デザインの看板の世界にようこそ

京都へようこそ!!!

kyotost.jpg

 ようこそ京都へ!

 京都は修学旅行や海外からの観光客の方が多く、観光都市として世界的に有名です。有名なお寺・神社が多く、また京町家や京菓子など古くからの伝統が今でも町の至る所に残っています。一方で新しい文化や変わった文化が多いことで有名で、例えば和食のイメージが強い京都がパンとコーヒーの消費量日本一だったりします。

 そんな面白い京都ですが、観光で市内を歩かれる時には「あること」に注目していただきたいです。両脇にあるお店であったり、目の前のビルだったり……。


 「看板が何か変……」

看板が白い、黒い、茶色い

blacklawson.jpg

 ここは有名な観光地の一つ、八坂神社の前にあるローソンです。ご覧のとおり看板が真っ白です。先に言っておきますがナチュラルローソンでもなければローソン100でもありません、普通のローソンです。青色や水色の看板でお馴染みのローソンですが、ここ八坂神社前のローソンは全国的に「黒いローソン」として有名です。

 ローソンさんのように地域の町並みやニーズに合ったデザインの看板を出すことは全国的に広がっています。繁華街では赤や黄の派手な看板を出すチェーン店でも、観光地に行けば黒や茶色の看板になっているのは京都以外でも見る光景だと思います。しかし京都の場合は、繁華街、駅前、幹線道路沿いに関係なく京都市内全域で観光地で見るようなデザインの看板が多いです。

日本で一番看板に厳しい都市、京都市

 実は日本には看板に関する法律「屋外広告物法」があり、看板のデザインや大きさ等について各自治体が条例で規制をかけることができるようになっています。看板が景観や町並みに大きく影響を及ぼすため、自治体ではその場所ごとにふさわしい看板の大きさ・デザイン・高さなどの基準を設けています。もちろん京都市にも条例があり、その条例に合わせる形で先ほどの黒いローソンが誕生しています。

 多くの自治体では観光地や住宅街周辺では厳しい規制をかける一方、駅前や幹線道路沿い等の商業地区では派手な看板を認めることで町の活性化を促しています。しかし京都市では市内全域で観光都市京都にふさわしい看板を目指すため、日本で一番厳しい看板規制をかけています。新しくできる看板が派手な物にならないよう規制し、百年二百年続く伝統ある店舗・建物の看板を長く保存することで、京都の町並みが成り立っています。

他の地域では見られない看板がいっぱい

kyotoyoshinoya.jpg

 このように、他の地域では観光地に近い場所でしか見られないようなデザインの看板を京都市内のあちこちで見ることができます。吉野家の看板もこのようにオレンジが半分だけの看板になっています。他都市では見ることができない様々な業種の「京都仕様デザインの看板」をぜひ京都観光の一つとして楽しんでみてください。

サイト内検索

プロフィール

akari.jpg

赤月あかり(sharp78)
京都生まれ京都育ち。

 アプリやサイトを作ったり、プロ野球やゲームをしたり。
 キーワードは「ちょっとしたキッカケ」を届けたい!!

カテゴリリスト

プロ野球関連(224)

料理・旅行関連(77)

アニメ・ゲーム関連(20)

麻雀関連(19)

仕事・ブロガー関連(28)

看板条例関連(15)

スリキン関連(161)