(三麻)関西サンマはクソゲーじゃない、でも…… - 赤月あかり(sharp78)ウェブサイト



(三麻)関西サンマはクソゲーじゃない、でも……

DF茨木は花あり、天満エイトは北抜き

 ナギ先生ゲストのノーレート関西サンマ。夕凪リーグがあるダブルフェイス茨木(DF茨木)に続いて今回はまぁじゃんくらぶエイト(天満エイト)に行きました。この2つのお店、ルールやシステムや雰囲気で根本的に違うところが3つ。

  • DF茨木:花あり、時間定額制、空気が美味しい
  • 天満エイト:北抜き、ゲーム代制、ご飯が美味しい

 なのでどちらもそれぞれ楽しめます。ちなみに私が最初に関西サンマで遊んだのは天満エイトです。初めて行ったのが2017年8月で、今日で4回目のはず。

mj0021a.jpg

 NPM卓上カレンダー買って、サイン書いてもらいました。ナギ先生は10月ソロです。

 「カレンダー、買えるよ(*^^*)」
 「あ、ください(*´ω`*)」

 もし他のプロの方に会う機会があったらサイン貰いたいけど……、果たしてそんな機会あるのかって??

関西サンマ、気軽に遊べる環境が少ない

 関西サンマと言うとツイッターで「サンマはクソゲー」とかなんとかが話題になった。元のブログ記事も読んだし、それに対するプロ・アマ問わず多くの反応も色々見た。ノーレート民の私個人の考えは三麻は練習メニューに最適ってこと。

  • 牌効率の練習になる(最速リーチ)
  • 降り方の練習になる(危険牌の絞込)
  • 点数読の練習になる(ドラ枚数の意識)
  • 多面張の練習になる(染め手量産)
  • 発声の練習になる(機会が多い)

 正直言って得点感覚(条件戦やスコア)や押し引きはあまり考えていない。変に考えると普段の麻雀での感覚が崩れそうだし、それはもうオンレートで遊びたい方やプロ・スタッフの方の世界。本職の方には勝てないです。

 三麻が練習メニューとして最適だと思う一方で感じたのはその関西サンマを気軽に遊べるお店が少ないし、フリー雀荘は麻雀に慣れていない人間をなかなか受け入れてくれないということ。特に3人打専門店はゲーム進行スピードと場代回収をかなり意識している。慣れていない人間には厳しい世界だし、隣のメンバー入りのオンレート卓を見てるともう早すぎとしか。

 今日のノーレート結果は6時間で「4-0-4-2(1位・浮き・沈み・飛び)」。6時間で10試合、三麻1試合36分は通常の倍ぐらい時間がかかっていることになる。それでもノーレート卓を準備してくれる……、天満エイト・DF茨木のスタッフさんやナギ先生に感謝です。

mj0021b.jpg

 今日入ったメンチン。ルール表には「ツモ牌を手の中に入れて考えない」とか「長考してリーチしてはいけない」とかあるけど、これをリアルの場でしっかり考えてミスせずに答えを出して実行するために遊んでいるんだって。20秒考えて「1切り・36待ち・59はカン不可・ハン数はアガってから考える!」と結論出してリーチ。

 それで一発超高めツモって裏ドラもろ乗り。これ3人で数えるよりスタッフさん読んだ方が早いなぁ……。いやもう、ツモ発声で近寄ってくれる立番のスタッフさん、ホントすごいです。発声マジ大切!

 「すみません、これ……何ハンありますか?」
 「(またエライものを)これもう『数えなくても数え役満』ですって」

 12000・20000、そしてスタッフの方含めて4人で「18ハン・36待ち・59はカン不可」を確認しました。こういうのをしっかり教えていただけるから天満エイト・DF茨木両店舗のスタッフさん好きです。

練習の最後に……

 6時間のノーレート三麻が終わり、ナギ先生から頂いたのがこれ。

mj0021c.jpg

 プンラス記念のキーホルダー、ハッキリ言ってこれが欲しくて来ました、ありがとうございます(*´ω`*)。実は前回頂いたのはボールチェーンが切れてどこかに落とすという大失態をしてしまって……、今回のはチェーンが強くなってる!

 「前回のとデザインが微妙に違います」
 「そうなんですか?」
 「3ピンが赤3ピンになっています(*^^*)」

 実物見たこと無いって!!

サイト内検索

プロフィール

akari.jpg

赤月あかり(sharp78)
京都生まれ京都育ち。

 アプリやサイトを作ったり、プロ野球観戦やゲーム・麻雀をしたりしています。
 キーワードは「ちょっとしたキッカケ」を届けたい!!