健康麻雀で一番マナー悪いと思った時 - 赤月あかり(sharp78)ウェブサイト



健康麻雀で一番マナー悪いと思った時

本当にヤバいマナー悪を見ると恐怖を感じる

 いわゆる健康麻雀に行くことも多い。倍以上歳の離れているおじいちゃん・おばあちゃんと麻雀をする、これもこれで麻雀の魅力の一つです。お菓子貰った(*´ω`*)。

 よく「健康麻雀はマナーが悪い」と言われるけど、コレに関しては事実ですとしか言いようがない……。強打・無発声・先ヅモ・裏ドラ先めくり、なんでもありな世界。ただ、それを含めての健康麻雀なので、マナー面に関しては極力触れないようにしている。本当に直さないといけないマナーはスタッフやプロの方が指摘してくれるし、自分がパーフェクトにマナーを守れてる自信もない。

 しかし、健康麻雀特有の「一番ヤバイと思うマナー悪」があって、それはスタッフやプロの方に対して全然敬意を示していないこと。おじいちゃん・おばあちゃんにとってスタッフやプロの方はほぼ確実に歳下なわけで、人によっては全然信頼していないのが分かる時がある。

 最近だと某プロの方とおばあちゃん2人とで同卓した時のこと。おばあちゃんがツモあがり。

 おばあちゃん「あーもう全然頭回んない、アンタ(プロの方)これ何点なん?!」
 プロ「まず裏ドラ見てください(怒)」
 私(これはマズイ!!)

 さすがに態度には表さなかったけど、声が怒りに震えていたのを感じた。

 おばあちゃん、裏ドラオープン。
 プロ「それ、ハネてないですね」
 私「1000・2000ですね」(高速点棒出し)

 なんとか強引に進めた感じ……。分からない時の聞き方ってもんがあるだろーとは思うけど、これを健康麻雀に求めるのは厳しいのかもしれないです。ただ、この件以降、私の中では勤務中のスタッフの方やプロの方に対して敬意を持って麻雀しようとは思いました。これはこれで大切です。

サイト内検索

プロフィール

akari.jpg

赤月あかり(sharp78)
京都生まれ京都育ち。

 アプリやサイトを作ったり、プロ野球観戦やゲーム・麻雀をしたりしています。
 キーワードは「ちょっとしたキッカケ」を届けたい!!