応援する麻雀プロ、作った方が良いですよ - 赤月あかり(sharp78)ウェブサイト



応援する麻雀プロ、作った方が良いですよ

距離感の近さに戸惑ったりもした

 麻雀の世界にもプロの方々がいて、お店で働いたり・麻雀教室で教えたり・大会で活躍したりされています。応援している麻雀プロがいない方、すぐに応援する「推しの麻雀プロ」を作った方が良いですよ。麻雀ライフが豊かになりますね。

 ※どこまでをプロと言うか:それこそお店で働いているスタッフさん・メンバーさん・レッスンプロもプロだと思っているけど……。この文章ではいわゆるプロ団体に所属されている方を対象にしています。

 自分はプロ野球やアニメ・ゲームも好きなので、好きなプロ野球選手や声優さんもいます。そしてプロ野球選手や声優さんと違って、麻雀プロの場合「距離感の近さ」に最初は戸惑い、そして今ではそれが魅力なんだって思っています。だって……

  • ツイッターでリプやDMが返ってくる。
  • お店や大会で本人と間近に会える。
  • なんなら直接対戦してもらえる。

 こんなの、プロ野球選手や声優さんとでは考えられないです。もちろん麻雀界がまだまだ発展途上と言うか未熟と言うか、プロの方々の地道な活動で支えられている部分もあるでしょうけど。他の世界と違って麻雀ではプロとファンとの距離感が近いという魅力があります。

そしてお互いに応援し合うという不思議な感覚

 もし応援する麻雀プロができて、大会やお店で何度か会ったり、(自分の場合)教室や勉強会に参加したりすると、プロとファンとでお互いに麻雀のことを応援し合うこともあります。これが応援する麻雀プロを作る醍醐味というか、作ると麻雀ライフが豊かになる一番の理由ですね。ファンがプロを応援するのは自然だけど、プロの方から自分を応援してもらえる、とてもココロ強いです!

 こうなるとなんていうか……、いい意味でヤバいですね。自分の周りの麻雀繋がりの方を見ても、好きな麻雀プロに対する思いがすごい方がいっぱいです。でもね、それを批判したりドン引きしたりはしないです、だって……、自分にも応援している麻雀プロの方がいますから。

 んー、まとまりのない文章になったけど、まとめたら好きな麻雀プロを作って応援したら、向こうからも応援してもらえるようになって、麻雀ライフが豊かになるよ! あ、1行でまとまった……。

サイト内検索

プロフィール

akari.jpg

赤月あかり(sharp78)
京都生まれ京都育ち。

 アプリやサイトを作ったり、プロ野球観戦やゲーム・麻雀をしたりしています。
 キーワードは「ちょっとしたキッカケ」を届けたい!!