麻雀ノートつけて4か月、分かった5つのこと - 赤月あかり(sharp78)ウェブサイト



麻雀ノートつけて4か月、分かった5つのこと

よく4か月続いたなぁって

mj0033.jpg

 2018年最初に「今年はリアルでの麻雀の成績を全部ノートにつけます!」と決めて4か月。なんだかんだで4か月続きました、自分でもビックリ。麻雀屋さんにはこの麻雀ノートと結果をすぐに書き込む用のメモを持ち込んでいます。「何書いてるのですか?」とか「成績つけられている方がいるので点棒入れてください」(健康麻雀だと順位だけで最後の局点棒やり取りしないこともある)とか言われるようになったり。

 4か月も書いていると色々分かることもあったりで……。その中でこれはと思った5つを紹介、あなたも5月からつけ始めていいんじゃない??

  • 1:成績の波が分かる
  • 2:小さなメモが役に立つ
  • 3:貰った資料が貼れる
  • 4:いくら使ったかが分かる
  • 5:プロの言葉はチカラになる

<1:成績の波が分かる>
 1か月の麻雀の成績が分かるのはもちろん、どういう順位・点数が続いたかがすぐに分かるのが大きいです。意外に4連勝・4連敗は無いなぁ(3連勝が1回だけ)、それどころか4連対・4逆連対も無いです。結構成績の波が安定しているタイプなのかも。

<2:小さなメモが役に立つ>
 ちょっと思ったこととかを脇にメモする、これが後々読み返すと意外にためになります。こういうメモ書きはアプリで成績管理しているとできないんですね。でもまぁ、意味の分からないメモ書きも多かったりして。「誰々さん優勝おめでとう」などの他の人に関するメモ書きはまだいいよ、「おかし美味しい」ってなんやねん。

<3:貰った資料が貼れる>
 麻雀ノートはA4サイズ・リングノートを使っています(ちょっと高級品?)。たまたま部屋に眠っていた新品ノートだったので使ったのですが、このサイズのノートだと貰った資料を切って貼ることができます。ちなみに写真は夕凪リーグ・勉強会で貰える資料、こうやって貼っとけばなくさない!

<4:いくら使ったかが分かる>
 単純に試合数×料金で麻雀にいくら使ったかがわかる……。うん、余裕で何万円単位です。趣味のレベルを超えています。関連して、どこのお店によく行っているのかもわかる、最近あのお店行ってないなぁとかも分かったりで。

<5:プロの言葉はチカラになる>
 両表紙の裏に書いていただいた「かくよね」両先生の言葉、見るたびにチカラになります。角谷センセーの方は単純だけどそれができたら強いというか、最近はセンセーに「やんちゃや」言われることが増えてる……。ナギ先生の方は深すぎるというか、そう思えるぐらいまだ麻雀できてないです……。

 ※ ※ ※

 4か月でこれだけ分かるんだったら、1年・2年と書き続けたらどうなるんだろう……。自分が書いた麻雀ノートがどの麻雀プロが書いた戦術本より役に立つって信じたい!

<2018年4月の成績>
 13-9-7-5(34試合)
 平均:2.118・得失点:+433.3

サイト内検索

プロフィール

akari.jpg

赤月あかり(sharp78)
京都生まれ京都育ち。

 アプリやサイトを作ったり、プロ野球観戦やゲーム・麻雀をしたりしています。
 キーワードは「ちょっとしたキッカケ」を届けたい!!